お問い合わせ

社労士の変更をご検討中の方へ

社労士の選び方

顧問社労士を変更することは今や珍しいことではありません。
顧問社労士の変更でよくある理由をまとめてみました。

昔からの付き合いで報酬が高い

昔からの付き合いの中には、現在の相場の何倍もの顧問報酬を請求している場合があります。
数部屋だけの不動産賃貸業なのに、従業員の入退社も少なく、労務アドバイスをすることもなく、年度更新と算定基礎届だけで月6万円も7万円も支払っているのでしたら、見積もりを取った方がいいでしょう。きっと半額以下になるはずです。

サービス内容を今一度見直す

顧問契約に含まれるサービスは社労士によって異なります。顧問料が安く、年度更新や算定基礎届が別料金となっている場合もあります。御社にとってどのような形態が一番適しているのか見直すことで、より満足度の高いサービスを受けることができます。

世代交代や年度の変わり目に変更

社労士側にとっては乗り換えは1年中受け付けておりますが、世代交代や、年の最初から関わるのが実は一番やりやすいのです。フレッシュな気持ちで関わることができます。

タイトルとURLをコピーしました